■恐竜大紀行



■みた人は多い…はず

仕事だ遊びだ帰省だと新幹線には意外と乗ってるもんで,私も年に20回近く乗っているのだが,乗るたびに,どーしても目につくモノがあった.

ジュラシックパークに出てくるような,あの,恐竜 が新幹線から見えるのだ.
何体もの恐竜が一か所に集まって,新幹線の方に向かって凄んでいる.明らかに新幹線を意識している布陣で.

見るたびに気になってしようがなかったので,さっそくその恐竜たちに会いに出かけた.

一人ジュラシックパーク,はたして無事に戻ってこれるのか?
新幹線からはこんな感じで登場

新幹線からはこんな感じで登場



■田んぼの中をさまよい…

恐竜たちは,浜松駅と掛川駅の間の,線路の南側でコロニーを作っている.
遭遇地点の通過時刻を参考にして,おおよその場所の見当はついていた.
しかし上の写真の通り,まわりは田んぼだらけだ.正確な場所は実地検分をしないとわからない.場合によっては発見が難航するかもしれないと思い,平日と同じ時間に起きて準備を始めた.

アパートを出てから1時間ほど経っただろうか.
相次ぐ行き止まりに肩を落とし,車幅+50センチ程度のジャリ道に戦々恐々とし,見たことのある道を何度となく走り抜けるが,肝心の恐竜は頭すらのぞかない.あんなに田園の中で目立っていたはずなのに.

「あぁそういえば,スーパーマリオもループしていることに気づかず30分くらい同じ所を回っていたなぁ…」などと思いつつ小山の脇を抜けると…

出た!!

出た!!

いきなりの出現に面食らい,思わず「うぉわぅ!」と叫んでしまった.
最初の写真の左端にちらっと見えているのだが,この東側には小さい丘がある.その脇を抜けたところにこの軍団たちが潜んでいたのだ.まったく心の準備くらいさせてくれ.



■恐竜…あれ?

ともあれ,無事ご対面成功である.第一印象は,当然ながら…

でかい.

でかすぎて,道路からでは全貌を一枚の写真におさめることができない.
失礼して,反対側の田んぼのあぜ道から撮影させていただく.農家のおじさん,ごめんなさい.おじさんはいなかったけど.

全メンバー勢揃いの図

全メンバー勢揃いの図

新幹線からでは,どんな恐竜がいるのか判別しにくいまま過ぎ去ってしまい,歯がゆい思いをした人も多いだろう.恐竜王国の全貌をついにカメラに収めることができた!

ん?

恐竜……か? なんだか違うのが混ざってないか?
哺乳類のケモノがいないか?

お前だ!

お前だー!

しかもこのケモノ,服を着て,手に何やら持っているじゃないか!?

恐竜じゃない,じゃないよ!

恐竜じゃない,じゃないよ!

よく見渡してみると,ほかにも違和感があることに気づいた.

さっきのインパクトが強くてすぐには分からなかったのだが,左の奥の方に,なにやらファニーな雰囲気の一帯がないか? 凶暴そうな軍団の脇で,まったく身を案ずる心配のないやつらが.

周りの物々しい雰囲気とは場違いなファニー隊

周りの物々しい雰囲気とは場違いなファニー隊

長いこと,ここには恐竜が生息していると思っていたが,それどころではないらしい.
せっかく取材に来たのだ.綿密に一体一体調べていこうじゃないか.
田んぼを抜け出し,恐竜たちと第三種接近遭遇を果たすことにした.


>>次へ

[五目八方おまけ] [五目八方]