東武鉄道日光軌道線200形


Nゲージ 動力付き金属キット 
価格:\18,800















組立て見本の写真です。

東武鉄道日光軌道線は、昭和43年に運行が停止されるまで、半世紀以上にわたって、日光の山中を走り続けました。
日本一高い所を走る路面電車として特徴ある存在でした。
200形は、昭和28年に主力の新造車として投入された、連接の車両です。現在は、東武博物館で、保存展示してある姿を見ることができます。
ホワイトメタル製の一体ボディーで、この特徴ある形態を再現します。
動力、モーター、ビューゲル等を含むNゲージトータルキットです。
キットの構成は、札幌市電とほぼ同等となります。 サッシ部は、塗分けのし易さに配慮し、エッチングの別部品となっており、塗装後に接着する方式です。



小型動力ユニットの写真です。


Copyright(c) Masterpiece 2001.