第147回出題の回答 [ 一覧 | ドルードル学園 ]

あ〜諸君、この私がドルードル学園の事務局長である。

2017年の流行語というものが決められたけど、どちらもドルードルには無縁だった。
回答はウラオモテなしの文章勝負だし、問題図はモノクロだし。
ドルードル学園は世間の関心ごとに すり寄ったりせず、わが道をしっかり進むことを確信したできごとだった。
もっとも、その舌の根がぬめってるあいだに、なにかのロゴマークを問題図になってたりするかもしれないけどね。

は今回初登校の生徒・名前の前の"◎"は生徒会長)


太いのと細いの、どちらが得意?

▼第147回出題の問題図


出題:東京・ぺぎら君

(問題図クリックで別表示)

線が5本ならぶと 本能的に指にみえてしまうもの。
長さのならびも合ってるし、生徒諸君の大半が まず思いうかんだことだろう。
と同時に、ほかの生徒諸君も思いついているなー、掲載されるには そうとう回答を練らなきゃなー、と考えたであろうことも想像にかたくない。
そこへ挑戦した生徒諸君の意気を おおいにたたえよう。

【△7六歩▲8四歩】(愛知・むっちい)
ふたりが対面してる、ととらえるのが自然だね。さらに 両者の手がこれだけ近くにいる場面は…とかんがえると 会場もしぼられてくる。
ノータイムの応酬。序盤の決まりきった手順を すっとばしたてるのか、それとも よほど悪い指し手だったのを相手に思い知らせるためか。
後者としたら、悪手を指したことに気づいたダメージは はかりしれない。

【かるた名人vsかるたクイーン】(神奈川・DA☆君)
将棋は 一方が手を引っ込めつつ もう一方が手を伸ばす構図だけど、こちらは同時に手を放つ。そのスピードも段違いだ。
競技かるたのプロって男女で分かれてるよね。シロウト目には名人もクイーンも目にもとまらないスピードで違いがわからないけど、トップの世界では差があるのかな。

【歌留多を取り損ねたマイケル・ジャクソンとプリンス】(千葉人民民主主義共和国・トミーQ君)
男女とか、片方がめちゃ太ってる、という対比を思いつきそうなところだけど、このペアをつれてきた。あっち側がマイケルだな。
ふたりとも こだわり深いだろうから、かるたも日本語の高っかいやつを取りよせて、和服も特殊なデザインで決めてることだろう。
結局どの札を取ればいいのか分からず手をヒョコヒョコ。光景をぜひみたいが、かなわないのがざんねんだ。

手の次におおかったのがココ。

【ジョンレノンとボブマーリーの共演】(心の故郷千葉◎地中海刑事)
意外なところで海外ミュージシャン対決がかさなった。音楽シーン的に競演はありうる?
長髪が これくらい傾くって、そうとう頭をブンまわしてるはず。ドレッドならなおさらだ。
このペアも もう見ることはかなわない。せめてモノマネスターで再現してもらいたいものだ。

おなじ髪をつかった回答だけど、ズームアップすると その構図はずいぶん変わる。

【真ん中分けした生え際で片側だけ育毛剤を使ってみたらこんな時だけ効きやがった】(徳島・後野まつりくん)
これまで いくつもの育毛剤やクリニックをためして 全滅してきたのだろう。
なかばヤケクソで ヘアスタイルにあわせてみたら、初めて効果てきめん。左右で育毛効果を打ち消しあう体質だったか?
でも けがの功名になるかもしれないぞ。この構図はメーカーにとって格好の宣材、専属モデルも夢じゃない。
やたら不均衡なヘアボリュームをいぶかしむ視線に耐える必要はあるが。

【半額セールで買ったリアップを半年間使用した結果】(福井・踊るゴミ箱)
半分 というキーワードを駆使して 左右の太さのちがいを消化してくれた。
医薬品は 用法・用量のとおり使おうぜ、という当然の話だ。
このばあい、安物買いの何失いっていえばいいだろう?

【バーコードハゲになった上に男性の側は毛も薄くなっちゃったあしゅら男爵】(三重・ryu君)
頭が左右で違ってるというと、どストレートなこの人を忘れていた。イメージが強烈すぎて それ以降のマンガで 知名度でうわまわるキャラはいないね。
当時から40年以上、バーコードにもなるというもの。こんなときこそ、さっきの育毛剤の出番だ。

【"増やす"のではなくて"太くする"のが、わが社の増毛技術です】(埼玉・詐欺師壱號君)
ボリュームを増やすあの手この手、各社考えてるね。
社長みずから拡大カメラを自分の頭に持ってって、効果を実演するのがこの手のCMの常。
あしゅら男爵も、オペレータを増やしてる間に電話口へ急がなきゃ!

【「モーセのやつ、今度は何を割ったんだい?」「髪をかき分けて、『私は増毛した』と、ついに口を割ったよ」】(詐欺師壱號君)
この人もCMの「処方前」「処方後」のモデルを副業してたのか。本業は あまりいい食いっぷちにならなそうだし。
黙ってればバレなかったものを、「割る」がキーワードに出たとたん こらえられなくなったか。これも性分、しかたなし。


生き残りの攻防

指と髪いがいの部位をつかった回答はかぎられた。
いずれの回答も この図からは発想しづらい場所ばかり、感心せずにはいられない。

【心臓を死守するべく鍛え上げられた肋骨】(岩手・ロックX君)
太いほうが 右側 というところをキャッチした回答はごくわずかだった。
レントゲン写真を見てみたい。心臓は剛毛につつまれて、X線じゃ確認できないんじゃなかろうか。

モチーフを人間いがいにもひろげると、

【美容にうるさいシマウマ、前脚からはじめて今は胸を脱毛中】(DA☆君)
シマウマの模様を すみずみまで おぼえてる生徒はどのくらいいるだろう。
うるさいと言ってる割に、気づかれないよう 少ぉしずつ薄くしてるところがかわいらしい。えてして周りはきづいてるものだけど。
シマウマの地肌は黒っぽいらしいぞ。黒い毛だけ抜いて真っ白になりたいのか、全身脱毛をめざしてるのかは分からないけど、どちらにせよ 群れの中で目立ちまくるリスクは覚悟の上なのだろう。

【クラゲのカップルのシンクロナイズドスイミング】(トミーQ君)
足が10本配置されてるけど、さすがにイカ1匹ぶんとするには無理があった。
ペア設定がしっくりくるね。足の数が あいまいなクラゲをえらんだのはうまい。
日がな一日ゆーらゆーらしてるイメージのクラゲだけど、こんなにピシッともできるんだ。さすがシンクロ、あの監督に鍛えられたおかげか。

太さのちがいを体格で表現してくれた生徒諸君が多くて、

【クロアリvsヒアリ、間もなく激突】(詐欺師壱號君)
こんな小さな世界にも対決は波及していた。
群れどうしの対決では スピードや攻撃力、チームワークに勝るヒアリが圧倒的だけど、5対5まで限定されると 体格に勝るクロアリにも分がでてくる。
最近ニュースからすっぱり消えているのが不気味でならない。潜入ペースはむしろ増えてるんじゃなかろうかと勘ぐってしまう。

身体ととらえた回答はここまで。直線オンリーの問題図で よくぞこんなに集まった。
つづいては、直線しかない問題図ならではのモチーフを採用した生徒諸君を紹介しよう。

【レントゲン撮影の準備をしているX線】(茨城・加藤邦迦君)
まっすぐ進む、というと まずは光。さっきは撮影されるほう、これは撮影するほう。
準備 という単語は使い勝手がいいね。太さのアンバランスをひとワードで解決してくれた。
偶然だけど、直線の角度が X にぴったり。真ん中で合体させて完成、というストーリーも作れそうだ。

【ドラクエの、ミルドラースの指から、いてつくはどうが発動し、スクルトとバイキルトがかき消される】(大分・風上和稀君)
ラスボスからの視点だね。消え方がちがうということは、同じ魔法でも 2体それぞれ いちばん苦しむ効果で抹殺されたのだろう。
王みずから手をかけるなんてよほどのこと、うっかり敵の仲間になってしまったか。
そういえば、ミルドラースって相手を倒すこともできたっけ?

【荒野に伸びる、首つり処刑された一家の影】(DA☆君)
映画やドラマで しばしばあらわれるシーンだ。ときには主人公の家族が…ということもあるのがこわい。
影の長さのちがいで、一家の構成、そして 刑の対象がその全員であるほどの事件だったことも語ってくれた。

【図太い流れ星と鋭い流れ星の戦いは空気によって両成敗と相成りました】(後野まつりくん)
地上からは一瞬しか遭遇できない流れ星だけど、はるか上空では両陣営の戦いがくりひろげられていたのか。
太さを戦略の違いととらえたわけだ。かたや重量を強化、かたやスピードアップ。
しかし、どちらの軍の戦略も敵への対策のみ、戦場で自軍がどうなるかについてはいっさい考慮されていないのだった。

反対に上空へ飛んでいく場面というと、

【敵を倒した新旧戦隊ヒーロー達、夕日を背にそれぞれの故郷へ去っていく】(岩手・ロックX君)
飛行機雲ならぬヒーロー雲。スピードは飛行機の比ではないだろうから 直線も美しい。
やっぱり新ヒーローは 残す跡もシュッとしてるね。住んでるとこが新旧で違ってるのが微妙に気になるが。

空をまっすぐとぶものというと、これも欠かせない。

【予算の多い国と少ない国のミサイルがぶつかり合う寸前】(トミーQ君)
左右どちらが、とまで触れていないところがうまい。太いほどカネがかかってる、とは一概にいえないからね。
視点は2種類考えられる。疾走しているところを上から、と、落ちてゆくところを横から。
命中させるには後者のほうが難しい。予算の多い国の迎撃システムは 両方そなえているのだろう。

【智恵子は東京の上空には、北朝鮮からのミサイルが一斉に飛んでk】(加藤邦迦君)
2ヶ所の基地から、種類のちがうミサイルがおそってきたわけか。
ざんねんながら 迎撃システムはどっちも効果なかったようだ。早いとこ福島にもどっておけばよかったものを。


平等の理想と現実

智恵子の命運はさておいて、たべもの回答ターイムだ。
ドルードルとしては毎回おもしろいけど、よだれじゅるっとなるかどうかは 生徒諸君の好みしだい。

【針供養されてる豆腐】(トミーQ君)
まっすぐなものが差さっているところからケーキを思いついた生徒諸君もいただろう。
でも ナナメってるし太さが2種類あるしで、両方解決するのは困難をきわめたようで回答はなかったよ。
なんどとなく回答に登場している豆腐、こういうつかいみちもあった。これなら一挙解決、ダシは入ってないけどあじわい深い。

【吉四六「うなぎとどじょうで鍋かい? いやいや、豆腐だけ温めさせてくれ」】(地中海刑事)
オリジナルの話が とてもよくできてるので、うなぎを追加投入するだけで完成だ。
セリフは豆腐をいれる前だけど、図は10匹がもぐってるところととらえたい。あとしっぽの先っちょがスルッと入れば作戦成功。
こちらはいいだし、ていうかその元の具まで確保だ。

【富山県のチャンポンは、そばとうどんのハーフ&ハーフで作られている】(ロックX君)
局長はいっとき、全国の ちゃんぽん と名のつくメニューを探訪してたけど これにはめぐり会えなかった。
乾麺からゆでるのが富山流なのかな。こんど北陸に出かけるときには かならずチェックせねば。

【冷や麦と素麺のプロポーズ大作戦フィーリングカップル5vs5】(踊るゴミ箱)
このふたつは、乾麺がなじみぶかい。
数と配置は番組とぴったりだね。局長はリアルタイムで見たことないけど。
「冷」とか「素」とか、字面だけだと成功しそうにないけど、そのハードルをのりこえたら そのまま熱湯ダイブでエンディングだ。

つぎも回答が多いだろうなと予想してたけど、

【11月11日はどちらの記念日かで対立しているポッキー団とプリッツ団】(踊るゴミ箱)
ちょうど登校期間に この日が入ったので さらにボリュームアップした。
しかし対立はイカン。ていうかこの日は両団がいちばん仲良くなるはずなんだけどな。

【ポッキー「ポッキーの日も終わりましたねぇ」じゃない方「さらっと存在無視しないで下さい」】(後野まつりくん)
さらに、今年の話題 も取りいれてくれた。ネーミングとセリフの相乗効果で、複雑な心境がいっそうきわだった。
両方の記念日ってことを知った上での回答だとしたらおそれいる。

【ポッキー&プリッツ「一発芸しまーす」「……ナスカ!」】(詐欺師壱號君)
どうやら 仲たがいはおさまったようだ。平和でたいへんよろしい。

「ポッキーは外国ではMIKADOって呼ばれています。https://ameblo.jp/ita-designer/entry-10444325681.html」(加藤邦迦君)
語感もいいし Pockyで通じそうだけど、そうできなかったオトナの事情があったのだろう。
紹介してくれたブログはイタリア発だけど、ワールドワイドで ミカド なのかな。

ライバル視してるうちは たがいの実力を認めてるわけだけど、

【ポッキーとポッキー極細が、鶴翼の陣形で戦をしております】(加藤邦迦君)
極細の登場で、ますます じゃないほう の立ち位置が危うい。回答もポッキー陣営のお家騒動になってしまった。
5本で陣形を築けるのは効率的だ。たたかってるあいだに どんどん上から食べられていきそうけど。

【ポッキーと極細ポッキーを指の間に挟んでバルログごっこ】(ryu君)
極細の浸透率はあなどれない。プリッツと 売り上げがどちらが高いかにも興味ある。
ポッキー爪が伸びてる手袋を装着、じゃないんだ。…とすると、指が1本多くない?

「ちなみに2016年の目標だった禁酒と禁お菓子をなんと今年に入って達成しました。と言っても8月ごろに入ってからですが。増える一方だった体重がなんとか増えなくはなりました」(同君)
アルコールも甘いのも両方とは そうとうの苦行だ、努力のかいがあったね。ポッキー回答をつくるあいだも 脳裏をチラチラしてたかな。
部屋にグラフをドーンと張っておくと 減量のモチベーションがぐんと増すらしいね。下降線をたどりはじめるのがたのしみだ。


声の湿度を感じる

たべもの回答はここでおしまい。ryu君にはダメージが大きかった?
さいごのグループは、ながぼそモノたちの競演だ。まずは身近なところから。

【耳掻き達と綿棒達が美女の穴を取り合い】(ryu君)
耳かきの太さ違いでなく、別の道具を持ってきたのが巧妙。
かたや専門職、かたや万能職。それぞれを使っている派閥のあらそいにまで発展しそう。片耳ずつ分担すればすみそうだけどね。

【「シャー芯ちょっともらっていい?」「はい0.3mm」「はい1mm」】(DA☆君)
いろんな太さのラインナップがあるものといえば これもあった。たしかに文具売り場にはマイナーな太さもならんでるけど、大半の人はスルーだろう。
こういう場面まで想定して、自分は使わない太さの芯を机に常備してるのか、いい友達をもって何より。

【立ち飲みのオヤジが、ウェスタンドアを気取って作った縄暖簾。目をケガする客続出】(地中海刑事)
普通の飲み屋なら のれんの内側の引き戸を ガラガラッ だけど、立ち飲みなら戸を省略できる。こまかいけれど 小道具までしっかり考慮してくれた。
西部劇にかぶれてしまったかオヤジ。板を買ってくればすむものを、妙なとこで飲み屋のプライドがのぞいてきたのか、縄のれんとハイブリッドさせてしまった。
どうしても 横びらきにしたかったのだろう、わざわざ縄をまっすぐ固める暴挙に。ケガの治療代を請求されようが客が減ろうが、本人が満足なら口出しはすまい。

【「ほら、植林した時期によって木の太さが違うんだよね」「その木が雪崩で迫って来てるのによくそんなのん気なっアアアーーッ!」】(地中海刑事)
木が かたむいている理由は いくつか考えられるけど、いちばんせっぱ詰まっている事態を選んだ。木のまわりも白色だし。
右側はちょうど伐採の適齢期で手間が省けたけど、左側はまだ若くて ちょっともったいなかった。そこそこ育ってるから、使いみちはありそうだけどね。

ゆいいつの記号文字系の回答で 今回の授業をしめくくろう。

【( 。A。)ハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \】(踊るゴミ箱)
雪のなかに さかさに埋まってしまったか、「ハ」の字も逆向きになってしまった。
声も出てるし、即死はまぬがれた。あとは寒さと、あいかわらず となりで続いてるであろう 博士の雪山講釈に耐えられるかが生死を分けそうだ。
なんとか捜索隊が来るまでもちこたえてほしい。

「10年ほど不登校してました。久しぶりの登校です。まだ放校になってないですよね?頭固くなってますね。ありきたりな回答しか思い浮かばないです」(同君)
ドルードル学園は放校の2文字とは無縁だ、安心してくれ。
ここのところ 偶然にも、5年ぶり、10年ぶり、という生徒がつぎつぎと出席してくれている。ありがたい。
回答のレベルが まったくブランクを感じさせないことにおどろいてるけど、そのあいだにつまれた経験値が回答の幅をひろげてると考えたら当然なのかもしれない。どちらにせようれしいぞ。

復活の生徒諸君、そしていつも登校してくれている生徒諸君の進歩に期待しながら、トップ賞を発表しよう。
今回獲得したのは、この回答!

◆◆◆ トップ賞 ◆◆◆
【荒野に伸びる、首つり処刑された一家の影】
(神奈川・DA☆君)

左右の線のあいだの距離、夕日で太く長く伸びた影、いずれも悲惨さを浮きだたせた。
しばしのあいだ、問題図の外を想像しつつ じっと見つめてしまったよ。

この一方で、シャー芯の回答も DA☆君、この芸域の広さには舌を巻く。 トップ賞獲得8回目で、自信のもつ回数記録を更新だ、おめでとう!
さらにハードルが上がるけど、はね返す名回答を期待しよう。

     *     *     *

「今回はNGワードが読めませんので、解答を作るのがしんどかったです」(ロックX君)
当たるかどうかは別として、危険なワードの予想はしやすい問題図と考えてたんだけど、生徒諸君の予想はどうだったかな。

というわけで「ドルードルで目指せ大富豪!」企画、第147回のNGワードを発表しよう。

NGワード1: プリッツ
【11月11日はどちらの記念日かで対立しているポッキー団とプリッツ団】 (踊るゴミ箱)
【ポッキー&プリッツ「一発芸しまーす」「……ナスカ!」】 (詐欺師壱號君)

NGワード2: ICBM
該当なし

NGワード3: 土下座
該当なし

「ポッキー」は さすがに酷なので「じゃないほう」にした。ふたりにおさまったのは 知名度の低さゆえか?
惜しかったのは2番目。かの国がこれを発射したらしいのが、しめきりの10日後のできごとだった。
もう少しアディショナルタイムをとっておけば、爆撃にさらされる生徒が増えてただろうね。
3番目、掲載しなかったのをふくめて 手を使った回答は多かったけど、このポーズはなかった、残念。

NGワードは生徒諸君の回答を見る前に決めていて、問題図を出すと同時にアップロードしている。
前もってアップロードしたファイルはこのリンクから見られる。 圧縮のパスワードは C%xZw`)y{=msFC]zo%cb\:`# だ。
NGワード企画、じゃなくて 大富豪企画は 第148回まで。生徒諸君の最後の挑戦を待っているぞ。


おまけアンケート「年末年始に欠かさないものってある?」

家族が集合→紅白→初詣ってのが 昭和のゴールデンパターンだったけど、いまは人それぞれ。
いろんな 回答があつまった。生徒諸君のすごしかたを かいまみてみよう。

「帰省。もう関東に出てきてずいぶん経つけど、帰らずに年を越したことがほんとに一度もない」(DA☆君)
まずはゴールデンコースをたどる生徒諸君から。
年数にもよるけど、地元を離れて生活していて 帰省をいちども欠かしてない、という生徒は 少数派じゃないか。
局長は 学生のころはアルバイトしてたり、そのあとも 仕事がはいったりで その地で年越しをむかえることも何度かあったよ。

「父方の実家に帰省することですかね。親戚に会うのは最近はもう年にその一日だけです。あとは初詣でお守りを必ず買い、仕事中は常に持ってます」(ryu君)
ryu君も帰省は毎年つづいているのかな。
お守り、毎年買ってる生徒と ずいぶん前のをキープしてる生徒に分かれそうだ。
局長は後者だけど、効きめがだんだんうすれてく、なんてことはないよね!?

「「さあさあ若い衆、腰を入れてどんどん搗いとくれ!かみさん連中、どんどん丸めるんだよ!子どもらはどんどんおあがり!あんこでもきなこでも好きなだけ!みんな、家族の分もどんどんもってきな!」という夢想(手には年末ジャンボ)」(地中海刑事)
年末の一大イベント。親戚も近所総出だね。局長んちでも、小学生のころまでウスとキネが活躍していたよ。
…って、妄想かい! ふだん宝くじは買ってなくても 年末ジャンボだけは、という生徒諸君はいるかもね。

「金」(むっちい)
ものすごいいきおいで飛びたっていくのがこの時期。年末ジャンボに願いを託すのもわかる。
福袋の買い出しが恒例行事、という生徒諸君もいるかな。

「年末に、何かしら遊び倒すということが多いです」(風上和稀君)
年をまたいで、ってこともある? ことしも満喫できそうかな。

「習慣として、29日か30日に早朝の築地市場で買い出しに行ってます。さすがに今年が最後ですかね?」(加藤邦迦君)
テレビでよく中継されるのはアメ横だけど、築地まで足をのばすとは本格的だ。
通ってる店も決まってるのかな。豊洲になると店の移転先をさがすのが大変そうだけど、なんだか微妙な情勢だぞ。
けっきょく築地がよいが しばらくつづくかもしれない?

「ここ数年は映画です。毎月1日の「映画の日」に当たるので。因みに年始以外も1100円の日にしか行ってません」(トミーQ君)
1月も例外じゃないとは太っ腹。元日から遊びに出る人も多いし、満員のスクリーンも多そうだ。
今年の一番人気はスターウォーズだろうね。ほかのラインナップでオススメはある?

そして、わすれてはならないのが

「仕事」(ロックX君)
ロックX君をはじめ、この時期が書きいれどき、という人たちのおかげで 帰省や遊びができていること。
感謝しきり。ひと段落ついたところで、まとめて休みをとってる…と信じたい。

生徒諸君のあいだでも いろんな年末年始を見てとれた。
これいいな、というのがあったら ぜひためしてみよう。いつもとちがう年末年始も楽しみだ。

今回の授業はこれまで!

[ 一覧 ] [ ←第146回 ] [ ドルードル学園 ]