ドルードル学園ってなんじゃい?


 ここ「ドルードル学園」は,毎回問題図が出題されるドルードルを参加者が生徒となって考え,その発想を競いあう,読者参加型のサイトである.
 作っているのは,わたしこと事務局長.なんで事務ごときが選考してるのかということは,あまり深く考えなくてよろしい.

 たかが絵を使ったパズルじゃんと思うかもしれないけど,これが奥が深い.
 ほかの生徒の解答と比べながら研究していくと,かなりの発想力が必要なことが分かってくるはず.
 他の生徒には考えつかないような発想力に加えて,それを表現する文章力も必要なのがドルードル学園の特徴だ.



ドルードル

実際に出題した図と寄せられた回答を使って紹介していこう.
毎回,下のような感じで問題図を出題しているよ.

▼例題(第10回)の問題図

問題図[dd/q010.gif]


 さあ,これはなんに見える? この回の最多回答はこれだった.

【日の出】
おお,その通りこれは日の出に見える! しかしこれではあくまで「見たまま」で,ひらめくようなものはないねぇ.またある人はこんな答えを出してきた.

【ムムッ、あのビリヤード球、紙一重で突きを見切ったな!】
こんどは,線が2本というではなくて棒が1本と見たのだ.
体言どめではなくて,口語での回答が多いのもドルードル学園の特徴.さあどんどんいこう.

【車輪だけ走るエコロジーな電車】
こんな風に,実際にはありえないし何にも意味ないことだって,堂々と言い張ってしまえばこの学園では評価が高くなる.
こういう大胆さも必須だ.投稿しているうちに自然に身についてくるはず.

【黒星の人用ののし袋?】
勝ったほうは懸賞金が入ってる袋をもらえるけど,負けた方は…何が入ってるんだ?
縁起が悪くはあるけど,イヤミっぽくなく表現できているね.ちなみにこれがこの回のトップ賞.

……と,こんな具合.
発想力が何よりのカギになるけど,文章力も大きなウェイトを占めていることが感じとれると思う.

着眼(思いつく)→発想(広げる)→表現(言い回す),これらのどの過程にも面白さがある.
全てを極めるも良し,一芸に秀でるも良し.

心理学で使う「ロールシャッハテスト」を思い出した人もいるかもね.
これで,ドルードルの感覚が少しでも感じとれた?

では,現在出題中の問題にGO!



ページの構成


いろいろ設定してるのだ



ドルードル小史

 ドルードルの歴史は古く,生まれたのは 50年以上も前のアメリカ.
 本場の "droodles" は,あらかじめ問題図と回答がセットになっていて,問題図を見せてその答えを当てる,という形式だったようだ.

 アメリカでメジャー化したのは1953年の "Droodles" の出版,加えて翌年のテレビ番組化だろう.
 それらの著者であり司会者でもある ロジャー・プライス Roger Price 氏こそ,ドルードルの伝道師と言えるだろう.

 日本でのドルードルはと言うと,80年代から雑誌や新聞などで連載が続いていたけど,1993年?に「月刊ASCII」で連載が開始.  ドルードルがもっとも多くの人の目にふれた時期だろう.

 翌 1994年,連載のタイトルと同じ「ドルードル」がアスキー出版から発売(ロジャー・プライス著,東玲子訳,ISBN4-7561-0336-7).
 これは1992年にアメリカで発売した"Classic Droodles" の日本語訳だった.
 アスキー出版ではその前に,同じく月間ASCII に連載されていた「マーフィーの法則」で大ヒットを飛ばしていて,その2匹目のドジョウをねらったが,見事にハズレてしまった(;_;).
 「ドルードル」は,今でも古本屋の百円コーナーでよく見かける.興味のある生徒は手にとってほしい.

 その他のドルードル関連本は…



毎日中学生新聞を読んでいた人向けの解説

 ドルードル学園は,以前「毎日中学生新聞」に連載されていた「パズラー学園」という読者投稿コーナーの流れを汲んでいる.
 当時の読者で,検索などでここにたどり着いた生徒むけの説明をいくつか.


(協力:旅がらす君)
[ドルードル学園]